XMの口座凍結、レバレッジ制限の原因と対処法

XM
FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

XMの口座凍結、レバレッジ制限の原因と対処法

XMTreadingは2009年に設立された海外のFX業者です。

日本人に人気の海外FX業者です。

 

57の通貨ペア、日経平均などの株式指数、金などの金属、ココアなどのコモディティ、原油などのエネルギー銘柄、リップルなどの仮想通貨を取り扱っており、

追証なし、複数の国で金融ライセンス取得、MT4/MT5利用可能、最大888倍のレバレッジ、最大約50万円の入金ボーナスなどの特徴があります。

 

本投稿ではXMの口座凍結、レバレッジ制限の原因と対処法について解説します。

 

XMの公式ページはこちら

XMのマイページはこちらから

 

休眠口座、口座凍結になる条件

XMではトレードしている口座が休眠口座や口座凍結される場合があります。

 

休眠口座、口座凍結になる最も多いパターン

「長期間その口座でトレードを行っていなかった」ことが原因です。

 

口座残高の有無により休眠口座または口座凍結となります。

 

「口座凍結になった場合の年間取引報告」はこちらから

 

休眠口座になる条件

休眠口座になる条件

  • 口座残高が5ドル以上
  • 最後のトレード、入出金から90日経過

 

休眠口座になる条件は、口座残高が5ドル以上の時に、最後のトレード・入金・出金から90日経過したときです。

 

休眠口座になると付与されているボーナスやXMP(ロイヤルティプログラムのポイント)は消失します。

また、休眠口座になると毎月5ドルの料金が口座から差し引かれます。

 

休眠状態の口座から出金することは可能です。

 

お口座にて最後のお取引行為(取引/出金/入金)があった日から90日が経過しますと、休眠口座とみなされます。その時点で残る全てのボーナス、プロモーションクレジット、XMPは自動的に休眠口座から消失いたします。

休眠口座には毎月5 USDの料金、もしくは残高が5 USDの場合はその残高全額分の料金が課金され差し引かれます。

 

休眠状態の解除方法

休眠状態だとマイページやMT4/MT5にはログイン可能です。

 

「入金する」か「1回でもトレードを行う」ことで休眠状態は解除されます。

 

注意点

  • 資金振替は入金とはみなされません。
  • また、ボーナスやXMPは復活しないことに注意です。

 

 

XMの公式ページはこちら

 

口座凍結される条件

 

XMの口座凍結画面

 

口座凍結になる条件

 

 

経過日数による口座凍結

口座残高が5ドル以下の状態で、最後のトレード・入金・出金から90日経過すると口座凍結されます。

 

口座凍結されるとマイページやMT4/MT5にログインすることができなくなります。

付与されていたボーナスやXMPも消失します。

 

残高が5 USD未満の場合にはお口座が自動的に凍結されます。

 

 

口座凍結の解除は?

休眠口座とは異なり、口座凍結されると口座を復活させる手段はありません。

 

XMでトレードを再開したい場合は、新規口座開設を行うことで可能です。

 

口座開設方法に関しては以下の投稿をご参照ください。

開設は5分以内、開設後の提出書類の承認は1営業日程度で完了です。

 

 

 

 

口座凍結→新規口座開設時のボーナス

ただし、口座凍結された後の新規口座開設では口座開設ボーナスを取得することはできません。

 

また、口座凍結時に残っていた入金ボーナスの付与残高は引き継がれてしまいます。

 

例)入金ボーナス50万円のうち20万円分の付与を受けていた場合、開設しなおした口座で受け取れるボーナスの残高は30万円分となります。

 

XMPは復活しません。

 

ゆえに口座凍結後は新規口座開設を行っても

  • 口座開設ボーナスは付与されず
  • XMPも復活せず
  • 入金ボーナスも前回の履歴が引き継がれます。(入金ボーナス上限の50万円へリセットされません。)

 

 

経過日数による口座凍結を避けるためには

口座凍結を避けるためには

  • 90日以内に小ロットでもいいのでトレードする
  • 入金する
  • 口座残高をいくらか残しておく

ことです。

 

注意点

資金振替は入金とはみなされませんので、銀行やクレジットカードなどで対象の口座に入金する必要があります。

 

 

 

XMの公式ページはこちら

 

確定申告時の凍結口座の年間取引報告

口座が凍結された場合、確定申告時に必要な年間取引報告書はMT4などから取得できなくなってしまいます。

 

確定申告などで年間取引報告書が必要な場合、口座が凍結されてしまったときはXMのサポートに申請すれば作成してもらえます。

 

  • サポート連絡先:support@xmtrading.com
  • 対応時間:平日24時間

 

 

 

 

利用規約に抵触したらレバレッジ制限、口座凍結

XMの利用規約に抵触するとレバレッジ制限を受け、口座凍結になります。

 

XMの取引禁止事項は、

  • 他の口座間での両建て
  • 経済指標時のハイレバレッジトレード
  • ボーナスの悪用(他者になりすまし口座開設ボーナスを複数回受け取る、など)

などがあります。

 

その他の取引禁止事項については以下の投稿に詳細を記載していますのでご参照ください。

 

 

利用規約に抵触しても、利益は没収とはならず、出金はさせてもらえるようです。

 

 

 

 

異なる通貨ペアでも、一つの通貨をヘッジする場合は口座凍結の可能性

一つの通貨をヘッジするようなトレードでも口座凍結になる可能性があることに注意です。

 

EURUSDをUSDJPYを買った場合、

  • EURUSD:EURを買いUSDを売る
  • USDJPY:USDを買いJPYを売る

ことになり、USDは売り、買い両方のポジションを持つことになります。

 

他口座で意図的に一つの通貨をヘッジすることで利益を上げる場合は口座凍結の可能性がありますので注意です。

 

例えばEURUSD(ユーロドル)とUSDJPY(ドル円)を複数口座間や他社口座間、グループ内口座間で買った場合も禁止事項に抵触する可能性があります。

 

EURUSDを買うということは、EURを買い、USDを売るということです。

同様にUSDJPYを買うということはUSDを買い、JPYを売るということです。

 

もしUSD主導でチャートが動いた場合、下図のようにチャートは上下反転させたような値動きになります。

 

USD主導で動いているときのUSDJPYとEURUSDの値動き
USD主導で動いているときのUSDJPYとEURUSDのチャート

 

別の口座を用意し、入金額を制限して売り買いのポジションを同時に持つことも、ゼロカットシステムを悪用していると判断される可能性があるので注意です。

海外FX会社のトレード禁止事項。これをやったら口座凍結・出金拒否

 

 

 

XMの公式ページはこちら

 

一時的な口座凍結

EAを稼動していた際にMT4のターミナルウインドウのエキスパートタブまたは操作履歴タブのメッセージが上限を超えたときに一時的に口座凍結になることがあるようです。

 

EAのメッセージ過多による一時的な口座凍結

 

 

レバレッジ制限

XMは

  • 口座残高
  • 利用規約への抵触
  • グループで同じロジックでトレード
  • 稼ぎすぎ

によってレバレッジ制限を受けることがあります。

 

利用規約への抵触でのレバレッジ制限は「利用規約に抵触したらレバレッジ制限、口座凍結」の項目をご参照ください。

 

口座残高によるレバレッジ制限

XMでは追加口座も含めたアカウント全体の口座残高が200万円以上になるとレバレッジ制限となります。

 

具体的にはアカウント全体の口座残高が

  • 200万円以上:200倍にレバレッジ制限
  • 1000万円以上:100倍にレバレッジ制限

されます。

 

詳細は以下の投稿をご参照ください。

 

 

同ロジックのグループトレードでレバレッジ制限の可能性

グループで同じロジックでトレードしている場合、XMからレバレッジ制限を受ける可能性があります。

 

2019年4月頃にアンビションシステムというEA利用者に対してXMからレバレッジを100倍に制限する旨のアナウンスがありました。

アカウントの総残高が200万円を超えていなくてもレバレッジが規制されたとの事です。

 

アンビションシステムはナンピンマーチン系のEAのようで、ナンピンでロットを上げながらポジションを持つことで高いレバレッジとなるようなトレードはXMのハイレバレッジの提供目的とは相違があり、リスク管理の観点からレバレッジが制限された、というような感じです。

 

多くのトレーダーが同じEAを利用して仮に相場急変でマイナス残高となった場合にXMがマイナス残高リセットで補填する金額が膨大となり、そのためにリスク管理がなされていないとの判断からレバレッジ制限が掛かった、という感じでしょうか。

 

レバレッジ制限が掛けられたのはシステムを利用していた口座のみで、システムを利用しない口座は通常のレバレッジでトレードできているようです。

 

 

 

 

 

 

 

XMの公式ページはこちら

 

稼ぎすぎてレバレッジ制限

大きく稼ぎすぎるとレバレッジ制限が掛かることがあるようです。

 

高いレバレッジとリスク管理という観点から、XMは裁量でレバレッジ制限を掛けることがあると考えてよさそうです。

高レバレッジでトレードする場合は逆指値でリスクを制限するなど、リスク管理に注意です。

 

 

XMの口座凍結まとめ

本投稿ではXMの口座凍結、レバレッジ制限について解説しました。

 

XMでは90日以上トレードしないと休眠口座または口座凍結となります。

 

ボーナスなども消失しますので、今後もXMでトレードを継続する可能性があるならば0.01ロット(1000通貨)でもいいので定期的にポジションを持つことで休眠または凍結を回避したほうがいいです。

 

利用規約に抵触すると口座凍結となりますのでトレード前にはどのような行為がトレード規約に抵触するか、よく確認したほうがいいです。

 

XMは高いレバレッジを掛けてトレードを行う場合は逆指値を置いてリスクを制限するなど、リスク管理に注意です。

アンビションシステムや稼ぎすぎてレバレッジ制限された例のように、XMは高いレバレッジでトレードする場合はリスク管理という名目でレバレッジ制限を掛ける可能性があります。

 

XMの公式ページはこちら

XMのマイページはこちらから

 

XMに関する以下の投稿もご興味あればご覧いただければと思います。

 


 

評判・口コミの良い海外FXをお探しなら、以下の投稿をご参考ください。

 

評判・口コミの良い海外FX会社はこちらから

評判・口コミの良い海外FX会社はこちらから

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

XM 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント