【VIX指数】相関を示す銘柄を取引して勝率を高めよう

HotForex

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

以前の投稿で、VIX指数は他の通貨ペアや銘柄よりもレートの動きが推測しやすく勝ちやすいことを記載しました。

 

VIX指数そのものの取引でも高い勝率で取引できる可能性があるのですが、VIX指数と相関を示す銘柄を知ることが出来ればVIX指数を取り扱っていないFX会社でもVIX指数の数値を参考にトレードの勝率を高めることが出来ます。

 

本投稿ではVIX指数と連動しやすい銘柄について解説します。

少しでも勝率を上げていきましょう。

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

VIX指数と相関がある銘柄

 

VIX指数はS&P 500と負の相関があり、特にVIX指数が跳ね上がったところはS&P 500の押し目買いのポイントとなっています。

 

VIX指数(英: VIX Index)またはCBOEボラティリティ指数(英: CBOE Volatility Index)とは、シカゴ・オプション取引所(英語版)(CBOE)が、S&P 500を対象とするオプション取引の満期30日のインプライド・ボラティリティを元に算出し、1993年より公表しているボラティリティ指数。

 

VIX指数は今後30日間のS&P 500の予想変動範囲を表現

 

S&P 500が下落する場合はVIXは上昇する傾向があり、VIXとS&P 500のパフォーマンスは負の相関関係にある[1]。

出展:wikipedia

 

VIX指数とS&P 500の相関をグラフで確認

下図のようにVIX指数が跳ね上がったところ(赤枠)はS&P 500の押し目買いポイント(青枠)となっています。

 

VIX指数とS&P500の相関

 

VIX指数はNYダウ、ナスダックとも負の相関

VIX指数はNYダウやナスダックとも負の相関があります。

 

VIX指数とNYダウ、ナスダックの相関

 

S&P 500以外でVIX指数と相関する通貨や銘柄

 

VIX指数が上昇するような相場ショック時は、資金の逃避先として・安全資産として機能する通貨や銘柄(円、ゴールドなど)に資金が流れることがあります。

 

今後も円などの信用が高いままかは不明ですが、VIX指数が上昇したときに安全資産が買われるという考えは的外れではないと思います。

 

VIX指数と円の相関

以下は円インデックス(AXIORYで表示可能)のチャートです。

 

VIX指数のレートの起伏とよくマッチしています。

円インテックス上昇⇒円が買われる⇒円ストレートは下落する可能性(注意点あり、次項参照)

VIX指数が収束しているところで円買い(円ストレート売り)を仕掛けるといいかもしれません。

 

円インデックスのチャートはVIXと正の相関を示しています。

円ストレートとは負の相関を示す傾向があります(注意点あり、次項「VIX指数と円の相関を考えるときの注意点」参照)。

 

VIX指数と円インデックスの相関

 

円が安全資産として機能しているため円が買われるわけなので、円の信用が落ちるとこの傾向は起こりにくくなる可能性があります。

 

VIX指数と円の相関を考えるときの注意点

「円が買われる⇒円ストレートは下落」なのですが、例えば、円が買われるといっても必ずしもドル円が下がるわけではありません。

 

ドルも買われればドル円は下がりません。

 

VIX指数とドル円の相関

 

もし円ストレートをトレードするならばその時点で弱い通貨と組み合わせるのがいいです。

通貨の強弱は私のツイッターで気まぐれに記載しています。

ツイッター:https://twitter.com/dame_neko_fx

 

VIX指数とゴールドの相関

VIX指数が上昇するとゴールドが買われる傾向があります。

 

海外FXで取引するゴールドは多くがドル建てなので、ドルが強いとゴールドは必ずしも上昇しないことには注意です。

 

VIX指数とゴールドの相関

 

VIX指数と仮想通貨の相関

世界の経済が怪しいときに資産を仮想通貨に変える動きも今後出てくる可能性があります。

 

過去チャートで確認すると今のところ(2020年5月)は相関が弱いですが、通貨自体の信用が低下すると通貨よりも仮想通貨に資金が流れることも出てくる可能性があります。

 

仮想通貨が取引できる海外FX会社にはiForexやHotForexがあります。

iForexで仮想通貨を取引しよう【証拠金、損益例、取引コストなど】」も参照ください。

 

VIX指数を確認してS&P 500を取引しよう

本投稿ではVIX指数と相関がある通貨や銘柄について解説してきましたが、VIX指数を確認できなければ取引チャンスはわかりません。

 

ネット検索することでVIX指数のチャートや数値を知ることは出来ますがVIX指数を扱っている会社でVIX指数自体のトレードも行うと、よりチャンスをものにできる確率が高くなります。

 

VIX指数を取引できるFX会社は「VIX指数がトレードできる海外FX会社【回帰傾向⇒高勝率】」で解説しています。

 

FXで利益を上げることは困難ですが、取引する銘柄をうまく選定すれば、他の銘柄と比較して容易に利益を出すことが出来る可能性があります。

 

うまく利益を出せていない人や大きな利益を狙いたい人は是非参考にしてみてください。

 


 

↓↓iForex、HotForexはVIX指数の取引が可能!↓↓

iForexの公式ページはこちら

 

HotForexの公式ページはこちら

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

HotForex iForex 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント