XMのレバレッジ888倍のメリット【取引資金は少なくてもOK!】

XM

XMはレバレッジが高い海外FX会社ですが、レバレッジが高いのって危険ではないの??

じつはメリットのほうが多かったりします!

 

レバレッジが高いことのメリットを布教するなんてなんか怪しい・・・、と考えているひとは特に本投稿を見ていただければと思います。

 

XMが取り扱っている商品のレバレッジは「XMのレバレッジ一覧【全取扱商品】」から。

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

XMのレバレッジは最大888倍、最大倍率は高いほうがいい!

 

レバレッジは高いほうがいいのです。

XMの最大レバレッジは最大888倍なので最大レバレッジで口座を作ってしまいましょう!

 

なぜなら、レバレッジが高いことには以下のメリットがあるからです。

 

  1. 必要証拠金(取引するときに必要なお金)が少なくていい!少額からはじめられる!
  2. ロスカットになる口座資金が小さくなる!
  3. 少額でも大きな利益獲得できる
  4. いっぱいポジションを持てる(1回のトレードの損失額を決めればレバレッジがポジションをいっぱい持てることはメリットになります!)

 

もちろん全く危険がないということではありません。

高いレバレッジが危険な場合は本投稿中断あたりに書いています。

メリットと合わせてXMを利用するか考えてみてください。

 

必要証拠金が少なくていい⇒少額からトレードできる

必要証拠金トレードするときに口座に入れておく必要があるお金のことです。

 

必要証拠金は「ロット×1ロットの数量×円換算レート÷レバレッジ」で計算できます。

細かな用語は無視しましょう!上の式で注目してほしいのは「÷レバレッジ」の部分です。

 

必要証拠金はレバレッジで割るのです!つまりレバレッジが大きいほど必要証拠金は小さくなるのです!

 

レバレッジが高いことの威力は以下の計算例をみてみましょう。

 

XM:最大レバレッジ888倍国内:最大レバレッジ25倍

1万通貨でドル円を100円で取引する場合、「1万×100円=100万円」の資金が必要

FXではレバレッジがかけられるので実際には少ない資金で取引できるのですが、

  • XM:「100万円÷888倍=1126円」
  • 国内:「100万円÷25倍=4万円」

国内だと4万円以上のお金が必要ですがXMだと1000円程度のお金でいいのです。

 

1万通貨って仮にドル円が100pips動いた場合、1万円くらいの利益になる程度のロットです。

100pipsなんて簡単には獲得できない値幅です。そんなうまいトレードをした時に獲得できる1万円を獲得するために国内業者だと4万円以上もお金を口座にあずけないといけないのです。

XMならたったの1126円!

 

10万通貨で取引する場合はXM:約1万1000円・国内:40万円となり、100万通貨の場合はXM:約11万円・国内:400万円となります。

 

こんなに大きなお金、入れたくないですよね!?用意するの難しいですよね!?

 

レバレッジが高いことは、投資に大きなお金を用意できない多くの人たちの味方なのです。

レバレッジが低いと、FXはお金持ちのひとたちしか大きく稼げないゲームになるのです。

レバレッジが高いXMでは少額から成りあがることが可能なのです。

 

ロスカットになる金額が少なくなる

XMや他のFX会社では、口座資金がこれ以上少なくなったら強制的にポジションを決済するよ、というラインがあります。

 

レバレッジが高いと、このラインを下げることができるのです。以下の計算例を見てみましょう。

 

ロスカット水準計算式:「必要証拠金×20%(XMの場合)」

1万通貨、ドル円100円で取引:「必要証拠金:1万通貨×100円÷レバレッジ」

XMは必要証拠金1126円、国内は4万円(前項で解説)

XMの場合「1126円×20%≒225円」、つまり口座資金が225円を下回ると強制終了となります。国内だと「4万円×20%=8000円」となります。明らかに口座の耐久力がちがいますね。

 

もう少し耐えたらレートが反転していたのに・・・、ということがレバレッジが低いと起こり得るのです。

 

レバレッジは高く設定しましょう!

 

大きなポジションを持つことができる

口座資金にレバレッジをかけた金額分の取引ができます。

 

例:口座資金10万円

  • XM:10万円×888倍=8880万円分のトレードができる
  • 国内:10万円×25倍=250万円分のトレードができる

 

レバレッジが高いと大きな取引ができます。

少額からでも大きな利益を獲得するチャンスがあります。

このメリットはわかりやすいですね。

 

XMは追証がない(取引口座のお金以上は損しない)ので、少額入金して一か八かのトレードができてしまうのです。

 

ポジションを複数持てる

これはナンピンするときや、複数の通貨ペアや銘柄を取引する人に関係するのですが、レバレッジが高いと必要証拠金が小さくなるので、同じ口座資金でもポジションを分散させやすくなります。

 

1点張りでトレードするのもありですが、ポジションを分散すると損失を緩和させることもできます。

 

例をあげたほうがわかりやすので以下に記載していきます!

 

口座資金10万円だと、必要証拠金にもよるけどXMの場合9万円は損しても強制決済にならないなぁ~

  • 1点張り派:9万通貨・逆指値100pipsで勝負!
  • 分散派:1万通貨で9通貨ペアを取引しよう

↓↓

  • 1点張り派:勝ったら大きな利益、負けたら9万円損
  • 分散派9通貨トレードするので5勝4敗ならトータルで利益になるなぁ。3勝6敗とかでも1点張りよりは損失額が小さくなるなぁ。

 

1点張り派に比べて得する金額は小さいかもしれませんが損する金額も小さくなります。

 

少しチキンなトレードかもしれませんが、損失を緩和させることにメリットを感じる人もいるのではないでしょうか?

 

レバレッジが高いと保有可能なロットが大きくなるのでポジションを分散してもそこそこのロットでポジションをもてます。

 

つまり、分散してもレバレッジが高いほうが利益を多くできる可能姓がありますし、レバレッジが高いことのデメリットである大きな損も緩和できます。

 

レバレッジ888倍が危険な場合

 

「レバレッジが高い=危険」は、(1)口座のお金が一瞬で消えてしまうような大きなロットでポジションを保有した場合(2)追証が発生する業者を利用している場合です。

 

ロットが大きいと、ちょっとレートが動いただけで口座のお金がなくなる、ということが起こります。

しかも追証ありの場合、相場が大きく動いてロスカットラインがが機能しなかった場合、大きな借金を背負ってしまいます。

 

ではレバレッジが高くても安全な場合は?

それは「追証がない業者を利用」し、「1回のトレードの損失額を決めてロットを調整する」ことです。

 

(1)追証がないXMで、(2)損失額を決めてトレードを行うと、レバレッジが高いことはメリットしかなくなります。

 

もし高いレバレッジの良いところにメリットを感じられましたら、是非一度XMの公式ページにアクセスしてみてください!

 


 

↓XMの公式ページはこちら

XMの公式ページはこちら

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

XM 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント