海外FXレバレッジ比較【400倍~3000倍、結構重要レバレッジの役割】

海外FX会社の比較

本投稿では海外FXのレバレッジ一覧を用意しました。

「どの会社がどんなレバレッジを提供しているの?」、っていうかたは是非ご参考ください!

 

海外FXにはレバレッジ規制がないので高いレバレッジを存分にトレードに活かすことができるのですが、じつはそれ以外にもレバレッジには結構重要な役割があったりします!

 

お金に関係します。単にレバレッジが高いからいっぱい利益出せる、とかそんな話ではありません!

 

本投稿後半に記載していますので気になった方はGo!、でお願いします。

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

海外FXの最大レバレッジを比較

 

最大レバレッジは400倍~3000倍です。

 

実効レバレッジ(実際に保有しているポジション量から算出したレバレッジ)が最大レバレッジに達するまでポジションを持つことができるので、許容損失額を決めてトレードする場合は最大レバレッジは高いほうがいいです。

 

最大レバレッジは口座開設後に変更できることがほとんどなので、例えば100倍や25倍など低いレバレッジに設定してトレードすることも可能です!

 

会社名口座レバレッジ最小ロット証拠金目安(※)最低入金額ロスカット水準
スタンダード口座3000倍1000通貨3333円1万円20%
マイクロ口座3000倍10通貨33円500円20%
ゼロスプレッド口座3000倍1000通貨3333円5万円20%
オールインワン口座1000倍1000通貨1万円100円20%
ノースプレッド口座1000倍1000通貨1万円30万円20%
マイクロ口座1000倍1000通貨1万円500円10%
マイクロ口座1000倍10通貨100円100円50%
スタンダード口座1000倍1000通貨1万円100円50%
スタンダード口座888倍1000通貨1万1261円500円20%
マイクロ口座888倍10通貨113円500円20%
スタンダード口座555倍1000通貨1万8018円100円20%
プロスプレッド口座555倍1000通貨1万8018円100円20%
ECN口座500倍1万通貨2万円1万円20%
プレミアム口座500倍1000通貨2万円1万円20%
ゼロスプレッド口座500倍1000通貨2万円2万円20%
LPボーナス口座500倍1000通貨2万円1万円30%
Live口座500倍1000通貨2万円1万円30%
スタンダード口座500倍1000通貨2万円2万円20%
ブレード口座500倍1000通貨2万円2万円20%
X leverage口座500倍1000通貨2万円1万円100%
クラシック口座500倍1000通貨2万円5000円20%
プロ口座500倍1000通貨2万円2万円20%
XMzero口座500倍1000通貨2万円1万円20%
スタンダード口座400倍1000通貨2万5000円2万円20%
ナノスプレッド口座400倍1000通貨2万5000円2万円20%
エリート口座400倍1000通貨2万5000円1万円0%
ILC口座400倍1000通貨2万5000円10万円100%
ECN口座200倍1000通貨5万円2万円30%
VIP口座200倍1000通貨5万円200万円50%

※証拠金目安は、1ロットでドル円を100円でトレードしたときに必要な数値です。取引する銘柄によっては証拠金は前後します。あくまで目安として考えてください!

 

どの海外FX業者がいい??

一般的にはレバレッジは高く、ロスカット水準は低いほうが良いです。

 

「レバレッジはポジションを持つために必要な口座残高に影響」し、「ロスカット水準は含み損をかかえているときにどこまで口座資金が減ってもポジションを持ち続けられるかに影響」するためです。

 

次項から説明していきますね。

 

ちなみにレバレッジ低めでポジションを持つ場合ははっきりいって400倍でも十分です。

 

その場合はロスカット水準低めの会社がいいですね。

 

iForexのロスカット水準0%は非常に能力が高いです。

 

その他のスペックや評判を含めてどの会社がいいか?、は「海外FX会社おすすめランキング【多くの利用者が良いと言っている!】」に記載しています。結局どの会社がいいの??選択肢が多すぎ!結論を述べよ!!、っていうひとは是非ご覧ください!

 

最大レバレッジは必要な口座残高に影響

最大レバレッジは必要な口座残高に影響します。

 

ドル円を100円で1ロット(10万通貨)でポジションを持つとき、レバレッジ200倍なら必要証拠金は5万円ですが、レバレッジ1000倍なら必要証拠金は1万円となります。

 

想定元本レバレッジ最低必要証拠金
1000万円
(ドル円100円×10万通貨)
25倍40万円
200倍5万円
400倍2万5千円
500倍2万円
888倍1万1300円
1000倍1万円

 

最大レバレッジは保有できるロットに影響

取引資金が10万円のときレバレッジが200倍の場合は2000万円分のトレードを行うことができますが、500倍だと5000万円分のトレードを行うことができます。

 

ドル円が100円の時に1ロット(10万通貨)でポジションを持った場合、レバレッジが200倍では2ロット分のポジションを持てることに対して、500倍だと5ロット分のポジションを持つことができます。

 

口座残高レバレッジ保有可能ロット(ドル円)
10万円25倍0.25ロット
200倍2ロット
400倍4ロット
500倍5ロット
888倍8.8ロット
1000倍10ロット

 

ロスカット水準も重要

ロスカット水準とは、口座残高が必要証拠金の何%を下回ったら強制決済する、という基準です。

 

「ロスカット水準が100%」の場合、「レバレッジが200倍の場合の必要証拠金は100円×10万通貨÷200倍=5万円」ですので、「口座残高が5万円×100%=5万円を下回るとポジションが強制決済」されます。

 

レバレッジが200倍の場合、5万円の残高では10万通貨でポジションを持つことができません(スプレッド分マイナスでスタートするため)。

 

ロスカット水準は低いほうがいいです。

 

ポジションレバレッジロスカット水準強制ロスカット口座残高
10万通貨で売買

(ドル円100円)

500倍0%0円
10%2千円
20%4千円
30%6千円
50%1万円
100%2万円
25倍100%40万円
200倍5万円
400倍2万5千円
500倍2万円
888倍1万1300円
1000倍1万円
25倍0%0円
200倍0円
400倍0円
500倍0円
888倍0円
1000倍0円

 

優先順位は、最大レバレッジ>ロスカット水準

レバレッジが500倍の場合、ロスカット水準が100%でも、必要証拠金は100円×10万通貨÷500倍=2万円、ロスカットが執行される口座残高は2万円×100%=2万円となり、8万円分の許容損失額を得ることができます。

 

もし迷っている会社があるならばレバレッジを優先して会社を選ぶことを検討してみてください!

 

ポジションレバレッジロスカット水準強制ロスカット口座残高
10万通貨で売買

(ドル円100円)

200倍100%5万円
500倍2万円

 


 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

海外FX会社の比較 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント