海外FX口座比較【レバレッジ、スプレッド、国内FXと比較など】

海外FX会社の比較

海外FXは高いレバレッジと追証なし(取引口座残高以上の借金を背負うことが無い)が特徴です。

 

海外FX会社によってレバレッジは様々で400倍程度から、1000倍という高いレバレッジでポジションを持てる会社もあります。

 

スプレッドは国内FX会社より広いイメージがありますが一部の主要通貨ペア以外は海外FXのほうが狭いです。また、ドル円やユーロドルなどは0.7pips程度のスプレッドでポジションを持てます。

 

本投稿では海外FXのレバレッジやスプレッドを比較していきます。

 

レバレッジ比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

スプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

国内FXとのスプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

海外FXの口座比較一覧

海外FXの口座スペックは以下の通りです。

 

会社レバレッジ追証ロスカット水準ドル円のスプレッド、取引コスト
STP方式口座ECN方式口座
スプレッドスプレッド取引手数料取引コスト
888倍なし20%1.6pips0.1pips往復10通貨1.1pips
1000倍なし20%1.6pips0.1pips往復6ドル0.7pips
500倍なし20%1.3pips0.2pips往復7ドル0.9pips
500倍なし100%1.6pips0.2pips往復5ドル0.7pips
1000倍なし20%1.2pips0.3pips無料0.3pips
500倍なし(※)30%0.9pips0.2pips往復7ドル0.9pips
1000倍なし50%1.6pips
400倍なし20%1.3pips0.2pips往復6ドル0.8pips
500倍なし20%1.5pips0.4pips往復6ドル1.0pips
400倍なし0%0.7pips

※LandFXのゼロカットシステムは、マイナス残高時にサポートに連絡する必要があります。

 

レバレッジ、ロスカット水準の比較

  • 一般的にはレバレッジは高く、ロスカット水準は低いほうが良いです。
  • ポジションを持つために必要な口座残高に影響するためです。
  • レバレッジ低めでポジションを持つ場合は400倍でも十分です。

 

会社名口座レバレッジロスカット水準取引方式
スタンダード口座888倍20%STP方式
マイクロ口座888倍20%STP方式
XM ZERO口座500倍20%ECN方式
マイクロ口座1000倍10%STP方式
プレミアム口座500倍20%STP方式
ゼロスプレッド口座500倍20%ECN方式
Auto口座500倍20%STP方式
HFコピー口座400倍20%STP方式
スタンダード口座500倍20%STP方式
ブレード口座500倍20%ECN方式
X leverage口座500倍100%STP方式
ILC口座200倍、400倍100%ECN方式
オールインワン口座1000倍20%ECN方式?
ノースプレッド口座1000倍20%ECN方式?
LPボーナス口座500倍30%STP方式
Live口座500倍30%STP方式
ECN口座200倍30%ECN方式
マイクロ口座1000倍50%STP方式
スタンダード口座1000倍50%STP方式
スタンダード口座400倍20%STP方式
ナノスプレッド口座400倍20%ECN方式
クラシック口座500倍20%STP方式
プロ口座500倍20%ECN方式
VIP口座200倍50%ECN方式
エリート口座400倍0%STP方式

 

レバレッジ、ロスカット水準で口座を選定する場合、XM:スタンダード口座・マイクロ口座、HotForex:マイクロ口座、GemForex:オールインワン口座、ノースプレッド口座が能力が高いです。

 

レバレッジは低いですがiForexのロスカット水準0%も能力が高いです。

 

スプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

国内FXとのスプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

最大レバレッジは必要な口座残高に影響

最大レバレッジは必要な口座残高に影響します。

ドル円を100円で1ロット(10万通貨)でポジションを持つとき

  • 必要証拠金:5万円(レバレッジ200倍)
  • 必要証拠金:1万円(レバレッジ1000倍)、となります。

 

想定元本レバレッジ必要証拠金
1000万円
(ドル円100円×10万通貨)
25倍40万円
200倍5万円
400倍2万5千円
500倍2万
888倍1万1300円
1000倍1万円

 

最大レバレッジは保有できるロットに影響

取引口座残高が10万円のとき、レバレッジが200倍の場合は2000万円分のトレードを行うことができますが、500倍だと5000万円分のトレードを行うことができます。

ドル円が100円の時に1ロット(10万通貨)でポジションを持った場合、レバレッジ200倍では2ロット分のポジションを持てることに対して、500倍だと5ロット分のポジションを持つことができます。

 

口座残高レバレッジ保有可能ロット(ドル円)
10万円25倍0.25ロット
200倍2ロット
400倍4ロット
500倍5ロット
888倍8.8ロット
1000倍10ロット

 

証拠金維持率(ロスカット水準)も重要

実際にはさらに証拠金維持率という口座残高が必要証拠金の何%を下回ったら強制決済する、という基準がどのFX会社にもあります。ロスカット水準は低いほうがいいです。

 

ロスカット水準が100%の場合

レバレッジが200倍の場合の必要証拠金は100円×10万通貨÷200倍=5万円ですので、

口座残高が5万円×100%=5万円を下回るとポジションが強制決済されます。

 

レバレッジが200倍の場合、5万円の残高では10万通貨でポジションを持つことができません(スプレッド分マイナスでスタートするため)。

 

ポジションレバレッジロスカット水準強制ロスカット口座残高
10万通貨で売買

(ドル円100円)

500倍0%0円
10%2千円
20%4千円
30%6千円
50%1万円
100%2万円
10万通貨で売買

(ドル円100円)

25倍100%40万円
200倍5万円
400倍2万5千円
500倍2万円
888倍1万1300円
1000倍1万円
25倍0%0円
200倍0円
400倍0円
500倍0円
888倍0円
1000倍0円

 

優先順位は、最大レバレッジ>ロスカット水準

レバレッジが500倍の場合は、ロスカット水準が100%でも

  • 必要証拠金は100円×10万通貨÷500倍=2万円、
  • ロスカットが執行される口座残高は2万円×100%=2万円となり、

残高10万円の場合は8万円分の許容損失額を得ることができます。

 

ポジションレバレッジロスカット水準強制ロスカット口座残高
10万通貨で売買

(ドル円100円)

200倍100%5万円
500倍2万円

 

追証有無の比較

会社名追証
XMなし
HotForexなし
TitanFXなし
Tradeviewなし
Gemforexなし
LandFXなし(※)
is6comなし
AXIORYなし
TTCMなし
iForexなし

 

  • 海外FX会社には追証がありません。
  • 口座残高さえ管理すれば損失を限定することができます。
  • 追証なし(マイナス残高リセット)は海外FXを利用する大きなメリットです。

 

LandFXは例外、マイナス残高になったときはサポートに連絡

LandFXではマイナス残高となった場合、サポートに連絡を行い審査を受ける必要があります。

きちんとリスク管理をしていればマイナス分は投資家が負担する必要はありません。

基本的にはマイナス残高はお客様が負担するものとし、サービスの一環で審査の上、Land-FXで負担させて頂きます。ゼロカット申請は入金前にMT4アカウント番号、マイナス金額を記入し、一般サポート(日本サポート)に申請してください。

※リスク管理がされていないと判断する場合、追証させて頂くこともございます。また複数口座をご利用の場合には別口座の残高から相殺させて頂くことがございます。リスク管理を十分に行って頂ますようよろしくお願いいたします。

LandFX公式ページより

取引違反時は注意

TitanFXでは取引違反を行った場合はマイナス残高リセットは行われないことに注意です。

関連記事:TitanFX(タイタンFX)の特徴。口座開設するメリットとデメリット

(*2)当社が不正行為と判断した場合は、ゼロリセットの対象外となります。

 

レバレッジ比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

国内FXとのスプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

スプレッドの比較【STP方式の口座】

ボーナスを利用する:STP方式の口座

  • 入金ボーナスを利用する場合はスプレッドが広いSTP方式の口座を選ぶことになります。
  • 少しでもスプレッドの狭い口座を利用したいところです。
  • 以下に各社のSTP方式の口座の主要通貨の平均スプレッドを添付します。

 

会社名ユーロドルドル円ポンドドルオージー円ユーロ円ポンド円ボーナス
1.6pips1.6pips2.2pips3.2pips2.1pips3.7pips
1.1pips1.6pips1.8pips2.2pips1.5pips2.4pips○(※)
1.2pips1.3pips1.5pips1.5pips1.4pips2.2pips×
1.4pips1.6pips1.9pips2.6pips1.7pips2.5pips×
1.2pips1.2pips1.5pips1.6pips1.4pips1.9pips
0.9pips0.9pips1.3pips1.8pips1.3pips1.7pips
1.5pips1.6pips2.4pips2.9pips2.3pips3.1pips
1.2pips1.3pips1.2pips1.5pips1.2pips1.7pips×
1.3pips1.5pips2.1pips1.6pips1.8pips2.5pips×
0.7pips0.7pips1.1pips3.0pips1.2pips2.3pips

 

スプレッドとボーナスの内容で口座を選定する場合、XM:スタンダード口座、iForex:エリート口座、GemForex:オールインワン口座、is6com:スタンダード口座、LandFX:LPボーナス口座がよさそうです。

 

選定の理由はこちら

◆iForex:エリート口座

ボーナスは初回のみで2回目以降はキャッシュバックボーナスになりますが主要通貨のスプレッドが他社と比べて狭く、ドル円とユーロドルは0.7pipsという狭さであり他社のECN方式の口座に匹敵します。

 

◆LandFX:LPボーナス口座

スプレッドは他社と比較すると狭く、ドル円やユーロドルは0.9ipsです。

 

◆GemForex:オールインワン口座

主要通貨ペアのスプレッドが比較的狭く、頻繁にボーナスキャンペーンがあります。

 

◆is6com:スタンダード口座

他社と比較するとスプレッドが広いですが、GemForexと同様頻繁にボーナスキャンペーンがあります。

 

◆XM:スタンダード口座

他社と比較するとスプレッドは広いですがボーナスが利用でき、さらにロイヤルティプログラムは有能で、スプレッドが広くても利用する価値があります。

 

◆HotForex:プレミアム口座

HotForexにもボーナスがありますが、残高が0になるとボーナスが消滅するのであまりオススメは出来ません(関連記事参照)。

 

利用する優先順位は、①XM・iForex、②GemForex、③LandFX・is6comがいいと考えています。

 

スプレッド動画(STP方式の口座)

スプレッドは10ポイント=1pipsです。

 

◆XM(スタンダード口座)     ◆HotForex(プレミアム口座)

 

 

◆LandFX(LPボーナス口座)    ◆GemForex(オールインワン口座)

 

 

◆is6com(スタンダード口座)      ◆iForexのスプレッドはこちらに詳細があります。

 

レバレッジ比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

国内FXとのスプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

スプレッド・取引手数料の比較【ECN方式の口座】

取引コストの安さを追求:ECN方式の口座

  • ECN方式の口座は入金ボーナスの対象外であることが多いですが、STP方式の口座と比較して取引コストが安い傾向です。
  • 各社のECN方式の口座の主要通貨の平均スプレッドを以下に示します。

 

  • ※ECN方式の口座の取引コストは、提示スプレッド + 取引手数料 となります。
  • 取引手数料6ドルの場合、6ドルを0.6pipsに換算して提示スプレッドに加算しています。

 

会社名ユーロドルドル円ポンドドルオージー円ユーロ円ポンド円取引手数料
1.1.pips1.1pips1.3pips2.1pips1.3pips2.0pips往復10通貨
0.7pips0.7pips0.8pips1.3pips0.8pips1.3pips往復6ドル
0.9pips1.0pips1.3pips1.8pips1.4pips2.1pips往復7ドル
0.8pips0.7pips1.3pips1.0pips1.0pips1.5pips往復5ドル
0.3pips0.3pips0.8pips0.6pips0.5pips1.0pips無料
1.0pips0.9pips1.8pips1.3pips1.2pips1.7pips往復7ドル
0.8pips0.8pips0.9pips1.0pips0.9pips1.2pips往復6ドル
0.9pips1.0pips1.6pips1.4pips1.1pips1.9pips往復6ドル
TTCMVIP口座0.6pips0.7pips1.3pips1.1pips0.8pips1.6pips往復3ドル

 

  • 取引コストの安さで口座を選定する場合、HotForex:ゼロスプレッド口座、Tradeview:ILC口座、GemForex:ノースプレッド口座、AXIORY:ナノスプレッド口座、(TTCM:VIP口座)がおすすめです。

 

  • 特にGemForexのノースプレッド口座は取引手数料が無料なので提示される狭いスプレッドのみでポジションを持つことができます。そのため、国内FX会社と同水準のスプレッドの狭さとなっています。

 

ECN方式の口座の中には以下のデメリットを持つものもあります。
  • HotForex ゼロスプレッド口座:円口座がない。
  • Tradeview ILC口座:ロスカット水準が100%と高い。最低入金額10万円以上。
  • GemForex ノースプレッド口座:アカウントの入金額が30万円以上必要。
  • TTCM VIP口座:最低入金額200万円。レバレッジが200倍。

 

大きなデメリットがない口座は以下の通りです。

  • XM:XMzero口座
  • AXIORY:ナノスプレッド口座
  • TTCM:プロ口座
  • TitanFX:ブレード口座
  • LandFX:ECN口座

 

AXIORYのナノスプレッド口座はスプレッドが狭く、最低入金額も低く、最大レバレッジ400倍・ロスカット水準20%と口座のスペックもまずまずなので、少額で取引したい場合はAXIORYのナノスプレッド口座がおすすめです。

ある程度の資金を用意できるならTradeviewのILC口座、GemForexのノースプレッド口座、TTCMのVIP口座がおすすめです。

 

スプレッド動画(ECN方式の口座)

スプレッドは10ポイント=1pipsです。

 

◆XM(ZERO口座)         ◆HotForex(ゼロスプレッド口座)

 

 

◆AXIORY(ナノスプレッド口座)   ◆Tradeview(ILC口座)

 

 

◆TTCM(VIP口座)          ◆GemForex ノースプレッド口座

 

 

レバレッジ比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

スプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

国内FXとスプレッドを比較

  • スプレッドでも海外FX会社によっては十分に国内FX会社に対抗できます。
  • ドル円など円ストレートやユーロドルは国内FX会社のほうが狭い傾向ですが、フラン円やカナダ円などは国内FXと比較しても同等かそれ以下のスプレッドでトレードできます。
  • また、その他の通貨ペアは海外FXのほうが同等かそれ以下のスプレッドで取引できます。

 

通貨ペアXMHotForexAXIORYTradeviewGemforexSBI FXGMODMM
取引コストスプレッド
USD/JPY1.1 0.7 1.0 0.7 0.3 0.2 0.3 0.3 
USD/CHF1.4 0.7 1.0 1.3 0.3 1.1 1.6 1.6 
USD/CAD1.3 0.7 1.0 1.0 0.3 1.1 1.8 
EUR/USD1.2 0.6 0.7 0.9 0.3 0.3 0.4 0.4 
EUR/JPY1.5 0.8 1.0 1.1 0.5 0.3 0.5 0.5 
EUR/GBP1.3 0.8 1.1 1.1 0.3 0.8 1.0 1.0 
EUR/AUD1.7 1.3 1.3 1.5 1.5 1.1 1.5 1.5 
EUR/CHF1.7 1.0 1.0 1.1 0.7 1.3 1.8 1.8 
EUR/CAD1.8 1.3 1.5 2.2 2.0 
EUR/NZD4.2 1.7 2.4 2.4 3.1 2.9 3.5 
GBP/USD1.2 0.8 1.1 1.4 0.80.8 1.0 1.0 
GBP/JPY2.3 1.4 1.5 1.3 1.0 0.7 1.0 1.0 
GBP/AUD3.1 1.7 1.9 2.2 3.1 1.2 1.6 1.6 
GBP/CHF2.0 1.6 1.6 2.1 1.6 2.3 2.8 2.8 
GBP/CAD3.0 1.7 1.7 1.8 2.4 
GBP/NZD4.1 2.2 1.8 2.4 2.9 
AUD/USD1.4 0.9 0.9 0.9 0.3 0.8 0.9 0.9 
AUD/JPY2.2 1.2 1.1 0.9 0.6 0.4 0.7 0.7 
AUD/CHF2.3 1.5 1.4 1.6 1.4 2.4 
AUD/CAD2.0 1.5 1.3 1.4 2.4 
AUD/NZD3.1 1.0 1.3 1.8 1.9 2.3 
CHF/JPY1.9 1.3 1.3 1.2 1.5 1.4 1.8 1.8 
CAD/JPY2.3 1.2 1.2 1.1 1.2 1.4 1.7 1.7 
CAD/CHF3.2 1.0 1.6 1.5 
NZD/USD2.0 1.11.3 0.9 1.1 1.1 1.6 1.6 
NZD/JPY2.9 1.21.4 0.9 1.2 0.9 1.2 1.2 
NZD/CHF3.9 1.5 1.6 1.5 
NZD/CAD3.0 1.5 1.6 1.7 

※国内FX会社とスプレッドが同等かそれ以下のマス赤色に塗りつぶしています。

※国内FX会社とのスプレッド差が0.3pips以下のマスをオレンジ色に塗りつぶしています。

 

レバレッジ比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

スプレッド比較はこちら(本投稿の該当項目へ移動します)

 


 

評判・口コミの良い海外FX会社はこちらから

 

 

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

海外FX会社の比較 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント