iForexでダウを取引しよう【その他アメリカの株価指数も紹介】

iForex

iForex(アイフォレックス)ではNYダウをはじめ様々なアメリカ・南米の株価指数を取引できます。

 

本投稿ではiForexでNYダウやアメリカ・南米の株価指数を取引するための情報(証拠金など)を紹介します。

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

iForexで取引できるNYダウ、アメリカ・南米の株価指数

iForexで取引できるダウなどアメリカ・南米の株価指数一覧

 

iForexで取引できるNYダウ、アメリカ・南米の株価指数は以下のとおりです。

 

株価指数内容取引時間取引休止時間
米国30NYダウ平均朝7時5分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝5時59分~朝7時1分
米国テック100 NASDAQ100指数朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝5時59分~朝7時1分
米国500S&P500指数朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝5時59分~朝7時1分
米国2000ラッセル2000 朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝5時59分~朝7時1分
VIX恐怖指数朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝6時~朝7時1分
USDXドルインデックス朝7時1分~翌朝4時59分朝5時59分~朝9時1分
FANG+FANGプラス指数22時31分~翌朝5時
ブラジル 60ボベスパ指数21時1分~翌朝5時54分
メキシコ 35メキシコボルサ指数  22時31分~翌朝4時59分

 

iForexが扱っているアメリカ・南米の株価指数については取引条件のページでも確認できます。(「商品詳細」⇒「指数」)

 

iForexの公式ページはこちら

 

iForexのNYダウの最大・最小ロット、レバレッジ

iForexのダウなどアメリカの株価指数のレバレッジとロット

 

iForexのNYダウ、アメリカ・南米の株価指数の最大ロット・最小ロット、レバレッジは以下のとおりです。

 

株価指数最大ロット最小ロットレバレッジ
米国30530.1200倍
米国テック1001400.1200倍
米国5004400.4200倍
米国200010000.9200倍
VIX50001250倍
USDX120009.8200倍
FANG+3600.1200倍
ブラジル 60870.150倍
メキシコ 359000.2100倍

 

iForexのNYダウの必要証拠金

iForexのダウなどアメリカの株価指数の必要証拠金の確認方法

 

iForexのNYダウ、その他アメリカ・南米の株価指数の必要証拠金の目安は以下のとおりです。(現在のレートによって必要証拠金は増減します。

 

iForexのオーダー画面からでも必要証拠金は確認できます。

 

株価指数レート最小ロット必要証拠金(最小ロットの場合、目安)
米国3023250.30 0.11312円
米国テック1008547.240.1503円
米国5002766.830.4635円
米国20001194.60 0.9609円
VIX40.248121489円
USDX100.6769.8564円
FANG+3392.240.1197円
ブラジル 60757240.12943円
メキシコ 3534473.690.2319円

 

iForexのNYダウの必要証拠金の計算例

  • 計算式:ロット × 米国30(ダウ)レート ÷ レバレッジ × ドル円レート(円への換算)
  • 必要証拠金:0.1 × 23250.30 ÷ 200 × ドル円レート

 

iForexのNYダウの損益

iForexのダウなどアメリカの株価指数の損益の確認方法

 

iForexのNYダウ、その他アメリカ・南米の株価指数の損益の目安は以下のとおりです。

 

各銘柄の損益を計算するときの通貨(米ドル、メキシコペソなど)の円レートによって損益は上下しますので目安としてお考えください。

 

株価指数最小ロットレート変化値幅左列の値幅での損益(最小ロットの場合)
米国300.123000⇒231001001077円
米国テック1000.18500⇒86001001077円
米国5000.42750⇒28501004308円
米国20000.91200⇒13001009700円
VIX1240⇒50101万2924円
USDX9.8100⇒110101万554円
FANG+0.13400⇒35001001077円
ブラジル 600.179000⇒79100100195円
メキシコ 350.234000⇒350001000871円

※指数のレート:NYダウなどの株価指数のおおまかなレートです。損益の計算には必要ありませんが実際のおおまかなレートと値幅(レート差)から、どの程度動けばどれくらいの損益になるのか推定してみてください。

 

iForexのNYダウの損益の計算例

  • 計算式:ロット × 値幅 × ドル円レート
  • 値幅:レートが23250.30⇒23350.30(差:100)動いた場合
  • 損益:0.1 × 100 × ドル円レート

 

iForexのNYダウのロールオーバー

iForexのダウなどアメリカの株価指数のロールオーバーの説明

 

iForexのNYダウ、その他アメリカ・南米の株価指数にはロールオーバーがあります。

 

iForexのロールオーバーについては以前に解説した投稿があるので内容を以下に抜粋します。

ロールオーバーについては知っておいたほうがいいので興味あればご覧ください。

 

概要:iForexの株価指数には取引期限(契約ロールオーバーの欄に記載)があり、取引期限が来るとあらかじめ取り決められていた価格で一旦決済された後、iForexでは再度ポジションが建て直されます。

 

直前(期近)のレートと決済されたレートに乖離がある場合は元々の含み損益が保持されるように調整が入ります。

 

決済されたレートで新たに値動きがスタートするので、「ポジションを持った価格と現在の価格との差」と「現在の含み損益」が合致しませんが、期近と期先のレート差による損益は調整済みであり、トレーダーは損得なくポジションの保有を継続することが出来ます。

 

調整額は確定損または確定益にはならず、期近の含み損益を保持したままポジションを持ち越せます。

 

契約ロールオーバーについて不明な点があると損をしている!?、と勘違いしてしまうことがあるので注意です♪

参照ページ

 

iForexの自動ロールオーバーの例

 

iForexの自動ロールオーバー時のスプレッドの徴収

 

レートと損益が合わないので不安かもしれませんが、期先との価格差による損益が調整されているだけなので損得はありません。

 

ただし、期限で一度決済され、その後ポジションが自動で建て直されるため、ロールオーバーごとにスプレッド分の価格は徴収されます。買っていた場合、売値で決済され、再度買値で買う。売値と買値の価格差であるスプレッドは毎回必要

参照ページ

 

iForexのNYダウの取引コスト

iForexのダウなどアメリカの株価指数の取引コストを他社と比較

 

iForexのNYダウ、その他アメリカ・南米の株価指数の取引コストの比較は以下のとおりです。(先物を扱っている会社同士で比較しています。)

 

他社と比較してiForexのダウなどの取引コストは安いことがわかります。

その他の指数の取引コストについては以前の投稿にまとめています。

 

株価指数iForex
米国305.6pips6.5pips
米国テック1003.97pips5.00pips
米国5000.9pips1.3pips
USDX3.1pips5.0pips

 

iForexのNYダウは低取引コスト

iForexのダウなどアメリカの株価指数のオーバーナイト金利

 

iForexではNYダウやそれ以外の株価指数についても安い取引コストで取引することが出来ます。

また、取り扱っている株価指数も非常に多いです。

 

他社の場合

長期で株価指数を保有する場合は、(1)先物の場合は限月(満期で強制決済)があること、(2)現物の場合はオーバーナイト金利が大きいこと、がデメリットとなります。

↑↓

iForexの場合

iForexは、(1)限月があるもののポジションの保有の継続が可能で、(2)オーバーナイト金利も少額です。更に(3)取引コストも安いです。

 

株価指数の長期保有が可能で、取引コストが安いという理由だけでiForexの利用を強烈に薦めるわけではありませんが、iForexはその他の銘柄についても取引コストが安く、取り扱い銘柄の範囲も広く、利用者も非常に多く信頼性が高い会社なので、iForexの口座は保有しておいて損はありません。

一度利用を検討してみてはいかがでしょうか?

↓↓登録は氏名、メールアドレス、電話番号を入力するだけ。登録方法はこちら。↓↓

iForex(アイフォレックス)の公式ページはこちら

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

iForex 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント