iForexで日経225を取引しよう【アジアの株価指数も紹介】

iForex

iForex(アイフォレックス)では日経平均をはじめ香港、中国などアジアの株価指数を取引することが出来ます。

 

本投稿ではiForexで取引できる日経平均などアジアの株式指数を紹介し、必要証拠金など取引するために必要な情報についてまとめます。

 

iForexで日経225などを取引する場合は、契約ロールオーバーについては知っておく必要があります。

本投稿後半に記載していますので興味あればスクロールしてみてください。

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

iForexの日経225およびその他アジアの株価指数

iForexで取引可能な日経225およびその他アジアの株価指数

 

iForexが扱っている日本(日経225など)およびアジアの株価指数は以下のとおりです。

 

株価指数内容取引時間取引休止時間
日本225(円)日本株価指数朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝6時59分~朝7時1分
日本225(ドル)日本株価指数朝7時1分~翌朝5時朝5時15分~朝5時30分、朝6時59分~朝7時1分
香港50香港50種株価指数朝10時16分~24時44分13時~14時、17時30分~18時15分
中国A50FTSE中国A50インデックス朝10時~17時30分17時30分~18時、朝5時445分~朝10時
中国SSE上海総合指数朝10時31分~15時59分12時30分~14時01分
中国SZSE深セン総合指数朝10時31分~15時57分12時30分~14時01分
インド50インド50種株価指数朝10時01分~朝2時30分19時10分~19時40分、朝5時44分~朝10時01分
オーストラリア200オーストラリア200種株価指数朝8時51分~朝5時59分15時30分~16時10分、朝5時59分~朝8時51分
韓国200韓国200種株価指数朝9時1分~15時44分
シンガポール25シンガポール株価指数朝9時30分~朝4時59分18時10分~18時40分、朝5時45分~朝9時30分
台湾指数台湾株価指数朝9時45分~朝4時59分14時45分~15時15分、朝5時45分~朝9時45分
日本100東証株価指数朝8時46分~朝5時24分15時10分~16時30分、朝5時24分~朝8時46分
日本400JPX日経インデックス400朝8時46分~朝5時24分15時10分~16時30分、朝5時24分~朝8時46分

※日本225(ドル):証拠金や損益を計算するときの通貨がドル

iForexが扱っているアジアの株価指数についてこちらでも確認できます。(「商品詳細」⇒「指数」)

 

iForex(アイフォレックス)の公式ページはこちら

 

iForexの日経225、アジアの株価指数の最大・最小ロット、レバレッジ

iForexの日経225、アジアの株価指数の最大・最小ロット、レバレッジの確認方法

 

iForexの日経225、アジアの株価指数のレバレッジ、最大・最小ロットは以下の表のとおりです。

 

株価指数レバレッジ最小ロット最大ロット
日本225(円)2004.77000
日本225(ドル)2000.165
香港502000.2410
中国A50500.196
中国SSE203.5260
中国SZSE201.072
インド502000.1220
オーストラリア2001000.1380
韓国2005019006100000
シンガポール251002.16100
台湾指数501.93100
日本1002006794000
日本4002003.610000

 

iForexの日経225、アジアの株価指数の必要証拠金

iForexの日経225、アジアの株価指数の必要証拠金は以下の表のとおりです。

最低ロットで取引した場合の必要証拠金です。

 

各株価指数のレートによって必要証拠金は変動しますので、目安としてご参考ください。

 

株価指数最小ロット必要証拠金(目安、最低ロットの場合)
日本225(円)4.7529円
日本225(ドル)0.11203円
香港500.2355円
中国A500.12849円
中国SSE3.57574円
中国SZSE1.08045円
インド500.1547円
オーストラリア2000.1370円
韓国2001900831円
シンガポール252.1472円
台湾指数1.91642円
日本10067504円
日本4003.6245円

 

iForexの日経225等の必要証拠金は注文画面から確認できます。約定金額も注文画面で確認できます。

約定金額に証拠金維持率を掛けたものが必要証拠金となりますが、iForexの注文画面で表示される必要証拠金は微妙に計算が合わないこともありますので注意です。

表示される必要証拠金をもとにトレードを行いましょう♪

 

iForexの日経225等の必要証拠金の確認方法

iForexの日経225、アジアの株価指数の損益

iForexの日経225などの損益の確認方法

 

iForexの日経225、アジアの株価指数の損益は以下の表のとおりです。

最低ロットで取引した場合の損益です。

「値幅」の欄に記載した価格が変動した場合の損益の目安です。

 

各株価指数の損益計算に使用する通貨の対円のレートによって損益(円換算)は変動しますので、目安としてご参考ください。

 

株価指数最小数量値幅損益(目安、最小ロットの場合)損益計算通貨
日本225(円)4.7100470円
日本225(ドル)0.1100108円米ドル
香港500.2100278円香港ドル
中国A500.11001078円米ドル
中国SSE3.51005324円オフショア人民元
中国SZSE1.01001522円
インド500.11001078円米ドル
オーストラリア2000.1100681円オージードル
韓国2001900101660円韓国ウォン
シンガポール252.1101584円シンガポールドル
台湾指数1.9102048円米ドル
日本100671006700円
日本4003.6100360円

 

iForexで日経225等をトレードした場合の損益は、数量(ロット)および決済・損切レートを入力することで注文画面から確認できます。

 

iForexの日経225、アジアの株価指数の契約ロールオーバーについて

 

iForexの日経225やアジアの株価指数には契約ロールオーバーがあります。

 

概要:iForexの日経225やアジアの株価指数には取引期限(契約ロールオーバーの欄に記載)があり、取引期限が来るとあらかじめ取り決められていた価格で一旦決済された後、iForexでは再度ポジションが建て直されます。

 

iForexの日経225等の契約ロールオーバー

 

直前(期近)のレートと決済されたレートに乖離がある場合は元々の含み損益が保持されるように調整が入ります。

 

決済されたレートで新たに値動きがスタートするので、「ポジションを持った価格と現在の価格との差」と「現在の含み損益」が合致しませんが、期近と期先のレート差による損益は調整済みであり、トレーダーは損得なくポジションの保有を継続することが出来ます。

 

調整額は確定損または確定益にはならず、期近の含み損益を保持したままポジションを持ち越せます。

 

契約ロールオーバーについて不明な点があると損をしている!?、と勘違いしてしまうことがあるので注意です♪

 

契約ロールオーバーに関しては以前に解説した投稿があるので、内容を抜粋して添付します。

 

先物取引とは取引期限日(限月)にあらかじめ決められていた価格で特定の銘柄を売買する取引のことです。

よって、記載されている日時でポジションは一旦決められた価格で決済されます。

 

iForexでは取引期限が来たら一旦期先の価格で決済され、その直後に期先の価格でポジションを持ち直してくれます。

 

先ほども記載しましたが、一旦決済されるものの確定損益は発生せず、「ロールオーバー調整」というかたちで含み損益が保持されたままポジションを持ち続けることが出来ます。

参照ページ

 

iForexの自動ロールオーバーの例

 

iForexの自動ロールオーバー時のスプレッドの徴収

 

レートと損益が合わないので不安かもしれませんが、期先との価格差による損益が調整されているだけなので損得はありません。

 

ただし、期限で一度決済され、その後ポジションが自動で建て直されるため、ロールオーバーごとにスプレッド分の価格は徴収されます。買っていた場合、売値で決済され、再度買値で買う。売値と買値の価格差であるスプレッドは毎回必要

参照ページ

 

iForexの日経225の取引コスト

iForexの日経225等の取引コストの比較

 

iForexの日経225やアジアの株価指数の取引コストは他社と比較するとかなり安いです。

 

株価指数はiForexで取引しないと取引コスト的に損になる可能性があります。

iForexの登録を迷っている方も利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

株価指数iForex
日本225(円)16.4pips24.0pips
中国A505.87pips22.00pips
シンガポール2515pips90pips

※iForexと他社の株式指数先物銘柄同士で比較しています。現物銘柄ではありません。

 

その他のiForexが扱っているアジアの株価指数の取引コストについてこちらの投稿にまとめています。(「指数」の項目参照)

 

iForexで日経225、アジアの株価指数を取引するメリット

iForexの日経225等のオーバーナイト金利

 

iForexで日経225等の株価指数を取引する場合の欠点はほとんど見つかりません。

もし欠点をあげるとしたらMT4が利用できず独自のプラットフォームを利用しなければならないことくらいでしょうか。

 

しかしそれ以上にiForexで日経225等の株価指数を取引するメリットがあります。

特に(1)株価指数の取り扱いが豊富なこと(2)取引コストが安いこと、は大きな利点です

 

オーバーナイト金利がかかりますが非常に少額です。

 

他社の場合

  • 株価指数先物を扱っている会社:取引期限があり、期限が来るとポジションは強制決済。超長期保有には向かない。スプレッドも広め。
  • 株価指数現物を扱っている会社:取引コストは安いがオーバーナイト金利が高い。長期保有には向かない。

↑↓

iForexの場合

  • 日経225等の株価指数には取引期限があるが自動的にポジションを持ち越してくれる。
  • 取引コストが安い。
  • オーバーナイト金利が少額。
  • 契約ロールオーバーごとにスプレッド分の価格は含み損益から減算されるが、iForexは日経225の株価指数の取引コストが安いので、契約ロールオーバーごとに引かれる価格は気にならない。

 

日経225などの株価指数のトレードを行う方はiForexの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

取り扱いも豊富なのでiForexの口座を持っておいて損はありません。

↓↓登録は氏名、メールアドレス、電話番号を入力するだけ♪ iForexの登録方法はこちら↓↓

iForex(アイフォレックス)の公式ページはこちら

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

iForex 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント