【損してない??】トレードするだけでお金が入ってくる方法

海外FXの入出金方法においてbitwalletは本当にお得なのか【銀行入金が改善している】

bitwallet(ビットウォレット)

bitwallet(ビットウォレット)は海外FX利用者の間で人気の入出金手段です。

 

bitwalletアカウントを作成する手間は必要ですが、一度作ってしまえば海外FX口座への入出金のストレスは激減します。

 

なぜなら、bitwalletは入金したいと思った時に、即座にお金を取引口座に入れることができるからです。入金して取引したいと思った数分後には取引できる状態にできます。

 

銀行入金だとそうは出来ません。

銀行入金は、振込から取引口座への実際の入金反映にはタイムラグがあります。

 

またbitwalletは、出金手数料が銀行よりもかなり安かったです。

なので、多くのサイトでbitwalletによる入出金が推奨されています。

 

本投稿では、海外FXの取引口座への入出金はbitwalletで決まりでしょ!、という考えに、ほんの少しだけ疑問を呈しつつやはりbitwalletは優れている、ということを説明しています。

 

海外FXの入出金方法でbitwalletアカウントを作成するべきか迷っている人は参考にしてください!

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約950円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMで仮想通貨を取引♪
  • XMでは仮想通貨もトレード可能!スワップなし!詳細はこちら

 

bitwalletとは

 

名称bitwallet(ビットウォレット)
商号bitwallet PTE LTD
商号ビツトウオレツトプライベートリミテツド
国内所在地〒1060041東京都港区麻布台1丁目

9-10飯倉ITビル10F

本社所在地シンガポール共和国ユートンセンストリート8ザセントラル#18-92

(#18-96, THE CENTRAL,8 EU TONG SEN STREET,SINGAPORE 059818)

 

bitwalletとはオンラインウォレットの1つです。

2012年にシンガポールで設立されました。日本国内だと東京にオフィスがあります。

 

bitwalletにアカウントを作り、アカウントにお金を入金しておくことでFX口座にお金を送金できます。

 

こんなイメージです↓

bitwallet入出金:自分の銀行口座⇔bitwalletアカウント⇔FX取引口座

 

関連記事:「bitwallet(ビットウォレット)の開設手順

関連記事:「bitwallet(ビットウォレット)への入金方法

 

多くのサイトでbitwalletがおすすめされている理由

 

なぜbitwalletを間に挟んだほうがいいの?、面倒なんじゃないの?、と思う方も多いのではないでしょうか。普通に考えれば、銀行から直接入金するほうが手順としては簡単です。

 

(手順が明快)銀行・カード入出金:自分の銀行口座⇔FX取引口座
(手間が多い)bitwallet入出金:自分の銀行口座⇔bitwalletアカウント⇔FX取引口座

 

しかし、bitwalletを間に挟んだとしても、その面倒を上回るメリットがbitwalletにはあるのです。bitwalletアカウントを作るという手間を最初にとっておくと、その後のFX口座への入出金のストレスは大きく軽減されます。

 

理由は次で説明します。

 

bitwalletは①入金・出金速度が一瞬+②好きな時間に入出金できる+③出金手数料が安かった+④利益の出金も可能+⑤複数のFX会社口座間の資金移動が楽

 

bitwalletは銀行入金と比べて、①入出金速度が速く、②好きな時間に入出金でき、③出金手数料が安く、④利益の出金も可能で、⑤複数のFX会社口座間の資金移動が楽です。

なので、bitwalletは海外FX入出金の救世主!、みたいな立場になりました。

 

①入出金速度(以前)

  • 銀行:数時間~数営業日
  • クレジットカード:即時(入金)、1日~1か月くらいかかる場合も(出金)
  • bitwalllet:即時

 

②時間帯(以前)

  • 銀行:銀行営業時間のみ
  • クレジットカード:24時間、休日でも
  • bitwalllet:24時間、休日でも

 

③手数料

◆入金手数料

  • 銀行:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→FX口座)
  • クレジットカード:0円
  • bitwalllet:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→bitwallet)+ 0円(bitwallet→FX口座)

 

◆出金手数料

  • 銀行(海外銀行送金):出金手数料2000円~4000円(FX口座→自分の銀行口座)
  • クレジットカード:0円
  • bitwalllet:0円(FX口座→bitwallet) + 777円(bitwallet→自分の銀行口座)

 

④利益の出金

  • 銀行:可能
  • クレジットカード:不可
  • bitwalllet:可能

 

⑤複数の会社の口座間の資金移動

  • 銀行:ちょっと面倒
  • クレジットカード:ちょっと面倒
  • bitwalllet:楽、簡単

 

※「⑤複数の会社の口座間の資金移動」の補足説明

多くの海外FX会社もbitwallet入出金に対応しています。bitwalletを介して複数の海外FXの口座間の資金を移動することができます。例えば、A社の取引口座の資金を、ボーナスキャンペーンを開催しているB社の口座に、お金を移動させる、といったことが数分で可能です。

 

こんなイメージです↓

A社のFX口座→bitwalletアカウント→B社のFX口座

 

A社:口座資金10万円

B社:口座資金0円、入金ボーナスキャンペーン開催

↓B社にお金を移動させる

A社:口座資金0円

B社:口座資金10万円+ボーナス10万円、取引資金20万円

 

たった資金を移動させるだけで取引資金を2倍に出来ます。

※ボーナスって何?、という方は関連記事を参照してください!

関連記事:「海外FXボーナスのクッション機能とは【損失半減!】

 

bitwalletと銀行・クレジットカード入金の比較

 

入金手数料以外は、bitwalletのほうが銀行よりも優れています。

bitwalletは銀行入金よりも反映時間が早く、24時間・休日でも入出金でき、出金手数料も安く、利益も出金でき、口座間の資金移動が数分でできます。

 

カードは手数料ではbitwalletに勝っています。

しかし、取引して出た利益をクレジットカードに出金できないという大きな欠点があります。

利益分は他の方法で出金するので、別の出金方法の手数料などが必要になってきます。

なのでトータルではbitwalletと同等くらいになります。

 

多くのサイトでbitwallet最高と書かれているのは、ウソではないのです。本当なのです。

 

現在は入出金手段が増えた & 国内送金可能な会社が増えた

 

以前は、海外FXへの入出金は銀行やカードが主流でした。

そこにbitwalletが現われ、銀行・カードに取って代わる存在になりました。

 

しかし現在は以下の3つの理由により、ほんの少しbitwalletの優位性が減少しています。

 

  • 理由1.:海外FX口座への入出金手段が増えた
  • 理由2.:銀行入出金が早くなった
  • 理由3.:国内銀行送金で出金できる海外FX会社が増えた

 

以下で説明していきます。

 

①入出金手段が増えた、②銀行入出金が早くなった、③国内銀行送金で出金できるようになった

 

海外FX口座への入出金手段がふえ、銀行入出金が改善したため、かならずしもbitwalletが一番いいという状況にはならなくなりました。

 

現在の主な入出金手段は以下のとおりです。

銀行入金、カード入金、bitwallet入金、STICPAY入金、仮想通貨入金など

 

海外FX会社によっては、Curfex(国内銀行送金に類似)、PerfectMoney、BXONE(オンラインウォレット)のような決済手段も用意しています。

 

入出金速度、手数料など比較していきます。

 

①入出金速度(現在)

  • bitwallet:即時
  • 銀行(電子決済の場合):1時間以内~数時間
  • 銀行(海外銀行送金):2~3営業日
  • カード:即時
  • STICPAY:即時
  • 仮想通貨:即時~1時間程度

 

②時間帯

  • bitwallet:24時間、休日でも
  • 銀行:24時間、休日でも※
  • カード:24時間、休日でも
  • STICPAY:24時間、休日でも
  • 仮想通貨:24時間、休日でも

※銀行メンテナンス、休業期間を除く

関連記事:「FXGTの銀行入金方法【休日でも入金が反映する!】

関連記事:「Exnessの銀行入金方法【休日でも反映する!、実際の入金画面をもとに説明】

 

③手数料

◆入金手数料

  • bitwallet:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→bitwallet)+ 0円(bitwallet→FX口座)
  • 銀行:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→FX口座)
  • カード:0円
  • STICPAY:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→STICPAY)+ 入金額の2%(自分の銀行口座→STICPAY)+0円(STICPAY→FX口座)
  • 仮想通貨:振込手数料110円~440円(自分の銀行口座→仮想通貨取引所)+ 0円(仮想通貨取引所→FX口座)

 

◆出金手数料

  • bitwallet:0円(FX口座→bitwallet) + 777円(bitwallet→自分の銀行口座)
  • 銀行(海外銀行送金):出金手数料2000円~4000円(FX口座→自分の銀行口座)
  • 銀行(国内銀行送金):0円(FX口座→自分の銀行口座)
  • カード:0円
  • STICPAY:0円(FX口座→STICPAY) + 800円(STICPAY→自分の銀行口座) +出金額の2%(STICPAY→自分の銀行口座)

 

④利益の出金

  • bitwallet:可能
  • 銀行:可能
  • カード:不可
  • STICPAY:可能
  • 仮想通貨:可能

 

⑤複数の会社の口座間の資金移動

  • bitwallet:便利
  • 銀行:不便
  • カード:不便
  • STICPAY:便利
  • 仮想通貨:不便

 

出金手数料の安さというメリットは、bitwalletにはなくなった

 

出金手数料の安さというメリットは、bitwalletにはなくなりました。

出金手数料の安さは銀行(国内送金)、仮想通貨が安く、bitwalletはその次に後退しました。

※カードは除いています。カードには利益の出金ができません。利益分は他の出金方法で行わなければならず、その方法の手数料が別途必要になります。例:利益分の出金を銀行(国内送金)で行った場合は0円、bitwalletで行った場合は777円。

 

銀行出金が国内送金なら、手数料0円で出金できます。手数料は通常、海外FX会社が負担するためです。

 

なので、入金から出金までを銀行(国内送金)を利用するなら、手数料の負担は振込時の110円~440円のみとなります。

たしかXMは、入金手数料さえも明細を見せれば負担してくれたはずです。その場合は、手数料0円で入出金が行えることになります。

 

国内送金による出金ができる海外FX会社を一部紹介します。

国内送金による出金ができる海外FX会社:XM、GEMFOREX、FXGT、Exnessなど

 

入出金手数料の安さを基準に選ぶなら、bitwalletはおすすめではありません。

 

◆10万円を入金・出金する場合(メガバンクMの場合)

自分の銀行口座からの入金、自分の銀行口座への着金を想定しています。

 

↓「bitwallet→FX口座」の手数料ではなく、「自分の銀行口座→bitwallet→FX口座」の手数料を記載しています。すでにbitwallet等に入金していたお金をFX口座に送金する場合は、手数料0円です。
入手金方法入金手数料 合計出金手数料 合計合計評価
bitwallet330円(or 0円)777円1107円(又は 777円)
銀行(国内送金)330円0円330円
銀行(海外送金)2000円~4000円2000円~4000円4000円~8000円×
カード0円0円0円
STICPAY2300円(or 0円)2800円5100円(又は 2800円)×
仮想通貨※330円(or 0円)400円730円(又は 400円)

※仮想通貨取引所に日本円で入金して仮想通貨を購入して、FX口座に送金する場合

 

bitwalletに残るメリットは①入出金の早さ、②いつでも入出金できる、③他社口座間の資金移動が楽

 

入手金方法入出金の早さ入出金出来る時間他社口座への資金移動評価
bitwallet即時24時間、休日も可
銀行(国内送金)1時間以内~数時間銀行メンテナンス、

休業日は不可

不便〇~△
銀行(海外送金)2、3営業日不便×
カード入金即時、出金は遅い24時間、休日も可不便
STICPAY即時24時間、休日も可
仮想通貨即時~1時間24時間、休日も可不便

 

bitwalletが他の入出金方法と比べておすすめなのは、①入出金の早さ、②いつでも入出金できる、③他社口座間の資金移動が楽、です。

 

特に銀行入出金と比べると、上記の項目について大きくメリットを感じると思います。

 

銀行はどうしても入出金にタイムラグがあります。即時反映は今後も難しいと思います。

bitwalletは入金速度が即時です。入金ボタンを押した瞬間にFX口座に資金が入金されます。

銀行入出金は資金反映速度という面では不利です。

また、銀行はメンテナンス時(毎週日曜)や休業期間(年末年始など)に利用できないことも欠点です。

 

bitwallet以外にも反映速度が一瞬で24時間いつでも入出金できるという方法もありますので、入出金速度と入出金可能な時間だけで比較すると他の方法でもいいです。

 

しかし、③他社口座間の資金移動が楽、は現時点ではbitwalletとSTICPAYに高い優位性があると感じています。また、bitwalletとSTICPAYの比較なら、入出金手数料を考慮して、bitwalletに優位性があります。

 

海外FXには色々な入出金方法があります。

しかしまとめると、

  • 手数料を優先:銀行(国内送金)
  • 入出金速度にはこだわらない:銀行(国内送金)
  • 反映速度・入出金可能時間・複数のFX口座を持っている:bitwallet

という2択になるのではないかと思います。

 

他の方法はお好みで、という感じかなと思います。

 

項目入出金方法
入出金手数料を優先したい銀行(国内送金)
入出金反映時間は即時でなくてもいい銀行(国内送金)
入出金反映時間は早いほうがいいbitwallet
24時間、休日でも入出金を反映させたいbitwallet、一部の会社では銀行でも可能
複数の他社FX口座間で資金を移動させたいbitwallet

 

まとめ やっぱりbitwalletは結構優秀だけど銀行もいい

 

本投稿では海外FXのbitwallet入出金を、他の方法と比較して説明してきましたがいかがだったでしょうか。

 

現在は海外FX口座への入出金手段も増えたので、人によってはbitwalletよりも他の方法を選択したほうがお得と感じる場合も多くなったと思います。

 

特に、国内銀行送金の入金速度などが改善されたので、bitwalletの絶対的な地位は少し崩れつつあるのではないかと感じています。

 

銀行送金で1時間以内に、休日でも入出金できる会社もでてきました。

入出金速度にこだわりがないなら、入手金手数料が安い国内銀行送金で十分です。

関連記事:「FXGTの銀行入金方法【休日でも入金が反映する!】

関連記事:「Exnessの銀行入金方法【休日でも反映する!、実際の入金画面をもとに説明】

 

ただ、仮想通貨を24時間、休日でも取引できる会社も増えてきました。

すぐに入金して取引したい!、というときは、入金操作も簡単ですぐに入金できるbitwalletは重宝すると思います。銀行入金反映が遅い会社もありますので。

関連記事:「FXGTの仮想通貨はスワップなし【レバレッジ1000倍】

関連記事:「XMの仮想通貨はスワップなし【レバレッジ250倍】

 

もちろん、bitwalletアカウントを作るのがめんどくさいから国内銀行送金でいいや、という考え方も全然OKです。いちいちアカウントを作るのは手間ですからね。銀行入金でも十分に対応できます。

 

しかし、bitwalletアカウントを持っておくと、状況にあわせた柔軟な入出金対応ができるようになるのは間違いないです。両方の入出金手段を持っておき、状況によって入金方法を選択できる状態がベストで便利です。

 

是非、検討してみてください!

 

関連記事:「bitwallet(ビットウォレット)の開設手順

関連記事:「bitwallet(ビットウォレット)への入金方法

 

コメント(=^・・^=)