AXIORYの出金について【出金拒否はある?利用者の評判、手数料】

AXIORY
FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

AXIORYの出金について【出金拒否はある?利用者の評判、手数料】

AXIORY(アキシオリー)は2013年に設立された海外FX会社であり、最大レバレッジ400倍・追証なし・ロスカット水準20%であり、狭いスプレッドが特徴です。

 

安全に出金できるか、出金拒否は無いかなどAXIORYの出金について解説していきます。

 

AXIORYの公式ページはこちら

 

AXIORYの出金報告や評判

海外FX会社を利用する上で実際に出金できるか否かは取引口座のスペックよりも重要です。

 

この項目ではAXIORY利用者の実際の出金実績やAXIORYの出金の評判を添付していきます。

以下の評判のとおり、AXIORYでは多額でも問題なく出金できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

出金時間の評価

AXIORYは出金申請は確実に処理されるものの出金申請後の取引口座への反映がやや遅いという評価です。

 

AXIORYは2019年8月にメインバンクをユニオン銀行からドーハ銀行に変更しています。

 

メインバンク変更の理由に入出金処理の遅さを挙げているため、ドーハ銀行への切り替えでこれまでの入出金処理の遅さは解消されるのではないでしょうか。

 

[ドーハ銀行につきまして]
弊社は現在GCC加盟国への進出に取り組んでおります。
ドバイはヨーロッパとアジアを結ぶ非常に素晴らしいロケーションに位置しており、全てのお客様の入出金に関わる要望にお応えするべく、ドバイにあるドーハ銀行を当面の間メイン銀行として利用することにいたしました。
これに伴い海外銀行送金での入出金による送金速度の向上に繋げたく存じます。

 

[ユニオン銀行につきまして]
ユニオン銀行を通じての海外銀行送金での入出金につきまして、非常に時間がかかる等、ご不便をおかけしている状態が続いておりますため、状況の調査をしております。
できる限りスムーズに入出金して頂けますよう、今回の決定に至りました。
今後もクレジットカード(VISA・JCB)、国内銀行送金byCurfex、海外銀行送金、Sticpayやビットコイン等をよりスムーズにご利用頂けますようシステムの向上と、更に新しいペイメントシステムの導入を図っていきたいと考えております。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
お問合せ先;jpsupport@axiory.com
今後ともAxioryをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

出金拒否はあるか

AXIORYに関して出金拒否の報告はありませんでした。

AXIORYには安心して資金を預けることが出来ます。

口座開設を検討している方は是非。

 

 

 

 

AXIORYの公式ページはこちら

 

AXIORYの出金方法

2019年8月時点のAXIORYの出金手段は以下のとおりです。

 

出金手段手数料利益分の出金
国内銀行送金by Curfex無料
海外銀行送金2500~4000円程度
SticPay無料
bitcoin(BitPay)無料
カード(VISA、JCB)無料×

 

2万円以下の出金について

2万円以下の金額を出金する場合、出金手数料とは別に1500円が徴収されます。

 

 

入出金経路について

基本的にはAXIORYでは入出金経路は揃える必要があります。

入金履歴がある場合は別経路での出金も可能です。

 

 

 

2019年9月現在、AXIORYではbitwalletによる入手金は利用できません。

 

Curfexでの出金手数料について

AXIORYではCurfexという国際送金サービス業者を介して国内銀行送金が出来ます。

Curfexは香港に拠点を置く会社ですが日本の資金移動業者登録されています。

 

Curfexでは出金時に出金額の1%徴収されるはずなのですが実際には徴収されず無料で出金できます。

 

 

 

AXIORYの公式ページはこちら

 

bitwallet契約解除騒動

2019年2月、bitwalletがAXIORYとの契約解除を発表した際に当時のメインバンクであったSparkassから銀行停止処分を受けたとの噂が流れ、トレーダーがAXIORYから資金を引き上げる騒動になりました。

 

実際はSparkassがユーロ圏外の金融機関へのサービスを終了したことに伴いシンガポールに拠点を持つbitwalletとの送金ができなくなったことが原因です。

 

その後AXIORYはユニオン銀行(現在はドーハ銀行)と提携し日本での営業を継続しています。

AXIORYは資金を引き上げるために出金したトレーダーの出金申請にもしっかりと対応しています。

 

AXIORYのbitwalletとの契約解除騒動の概要は以下の引用文のとおりです。

 

日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを認識しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。

当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。ご利用中のお客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。

引き続き、bitwalletへの変わらぬご愛願を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

Bitwallet社との提携の終了につきまして

Bitwallet社からの「AxioryGlobal社との契約解除について」なるニュースレターをお受け取りになり、弊社へもお問い合わせを頂いております。 弊社は、Bitwallet社との業務提携を2019年2月28日をもって終了いたします。

ですが、Bitwallet社によるニュースレターにございます
「2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。」つきまして、情報の正確性を欠くものでございます。

昨年末に、Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了したこと(Sparkasse銀行はこの決定を公表しております。)に伴い、業務提携を円滑に終了いたしました。
銀行取引停止処分等は受けておりません。

 

Sparkassのユーロ圏外の金融機関へのサービス終了の英文記事は以下のとおりです。

Sparkassのユーロ圏外の金融機関へサービス終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bitwalletとの契約解除後、別の出金手段を用意

bitwalletとの契約解除後、AXIORYはすぐに別の入出金手段(Curfexを介した銀行送金)を準備しています。

 

 

 

AXIORYの公式ページはこちら

 

AXIORYの出金のまとめ

本投稿ではAXIORYの出金について解説しました。

多額の出金実績があり出金拒否もないためAXIORYでは安心してトレードできそうです。

 

また、bitwallet騒動時も出金には確実に対応していること、メインバンクを切り替え、出金処理の遅さに対応していることなど誠実な対応も目立ちます。

 

AXIORYでのトレードを検討中の方は是非。

 

AXIORYの公式ページはこちら

口座開設ページはこちら

 

 


 

評判・口コミの良い海外FXをお探しなら、以下の投稿をご参考ください。

 

評判・口コミの良い海外FX会社はこちらから

評判・口コミの良い海外FX会社はこちらから

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

AXIORY 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント