Tradeviewの入金方法を解説【bitwalletなど】

Tradeview

Tradeview(トレードビュー)は2004年に設立された、ケイマン諸島に拠点を置く海外FX会社です。

 

本投稿ではTradeviewの入金方法、利用者の入金報告、入金時の注意点などについて解説していきます。

 

Tradeviewの口座開設はこちらから

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

Tradeviewの入金方法概要

Tradeviewには以下の添付画像の入金方法があります。

bitwallet、カード入金、bitpay、Uphold、STICPAYがよく利用される方法でしょうか。

 

Tradeviewの入金方法一覧

 

bitwallet入金

 

bitwalletを利用してTradeviewの取引口座へ入金できます。

 

  • bitwalletは海外FXの取引口座への入金によく利用されているオンラインウォレットです。
  • bitwalletに資金を送金しておき、bitwalletから取引口座に資金を反映させます。
  • bitwalletへは国内銀行又はカードで入金できます。
  • bitwalletから口座への資金の反映が早いので他社でも人気の入金手段となっています。

 

入金手数料は無料で、bitwalletへは利益分の出金も可能(その他、海外銀行送金、bitpay、Uphold)なのでbitwalletでの入出金はおすすめです。

 

bitwalletに関してはこちらの投稿をご参照ください。

 

bitwalletを介したカード入金

bitwalletを利用すれば、「カードでbitwalletに入金→bitwalletからTradeviewに入金」、という流れで取引口座にカード入金できます。

 

bitwalletへの入金にはVISA、mastercard、JCB、AMEX、Diners、Discoverが利用できます。

 

カードからbitwalletに入金する場合、入金額の4%の手数料が掛かりますが、掛かる手数料もTradeviewが負担してくれます。

 

 

 

国内銀行送金

 

  • 2019年12月現在、ALiの項目がなくなっています。
  • 国内送金は出来なくなった可能性があります。

 

Tradeviewは2019年9月に国内銀行送金が可能となっています。

国内銀行送金を利用する場合は、銀行送金(ALi)を選択します。

氏名、入金額などを入力し送信をクリックすると国内銀行の指定口座情報が表示されます。

国内銀行への入金なので振込手数料のみの負担となります。

 

海外銀行送金

Tradeviewでは海外銀行へ送金することも可能です。

 

  • 国内銀行に口座がある場合は入金時の負担は数百円の振込手数料のみですが、海外送金する場合は数千円の海外送金手数料や中継銀行手数料を負担する必要があります。
  • 必要な金額についてはこちらのサイトが参考になります。
  • 高いと8000円程度、安くても1000円くらいの送金手数料が必要となります。

 

bitwalletのほうが手数料も安く入金の反映も早いのでbitwalletの口座を作成して入金することをおすすめします。

 

 

bitpay入金

 

Tradeviewではbitpayを利用して仮想通貨での入金が可能です。

 

bitpayからTradeviewの口座への入金手数料は無料です。

仮想通貨取引所でビットコインを購入したあとビットコインをbitpayへ送付し、Tradeviewの口座へ送金します。

 

Upholdを利用しても仮想通貨入金できます。

 

Upholdはアメリカの仮想通貨ウォレットサービスであり、仮想通貨や法定通貨の保管や売買、仮想通貨を23種類の法定通貨、4種類の金属で交換することが可能なサービスです。

 

bitpayやUpholdを利益分の出金先としても利用できますので、仮想通貨も頻繁に扱う人であれば、仮想通貨での入金も良いかと思います。

 

反映時間

 

入金に時間を要すことがあります。入金の際、本人確認作業・KYCに時間を要すためです。

 

入金に時間がかかっていて不安な場合はサポートに問い合わせるとよさそうです。

 

 

 

 

最低入金額

TradeviewのXleverage口座は最低入金額が1万円、スプレッドが狭く手数料が安い(5ドル/ロット)のILC口座の最低入金額は10万円です。

 

 

 

bitwallet入金方法

Tradeviewのbitwallet入金方法1

マイページの入出金をクリックします。

 

Tradeviewのbitwallet入金方法2

bitwalletのロゴをクリックします。

 

Tradeviewのbitwallet入金方法3

氏名、メールアドレス、口座番号、入金額を記入します。

 

Tradeviewのbitwallet入金方法4

bitwalletログインページに移動しますので、bitwalletのパスワードを入力します。

 

Tradeviewのbitwallet入金方法5

決済ボタンをクリックして入金処理を完了します。

 

Tradeviewのbitwallet入金方法6

 

Tradeviewのbitwallet入金方法7

「Success payment」の画面が出れば入金処理完了です。

 

海外銀行入金方法

Tradeviewの銀行入金方法1

送金先の銀行をクリックします。円で送金できるのは「GCPARTNERS」と「BMO」です。

 

Tradeviewの銀行入金口座

入金先の銀行の情報が表示されます。「GCPARTNERS」(ロイズ銀行)へ送金する場合はパスポートのコピーの提出が必要です。

 

bitpay入金方法

入金手段からbitpayを選択します。

 

Tradeviewの口座へのbitpay入金の方法1

氏名、メールアドレス、口座番号、入金額(ドル換算)を記入します。

 

Tradeviewの口座へのbitpay入金の方法2

ビットコインまたはビットコインキャッシュのいずれかを選択します。

 

Tradeviewの口座へのbitpay入金の方法3

送金用QRコードが表示されますので、QRコードを読み取ります。

 

利用者の入金報告

きちんと入金処理が行われているのか、トラブルはないか、ということはTradeviewを利用する上で重要です。

 

以下にTradeview利用者の入金報告や評判を添付します。特に大きな問題なく入金できている様子がうかがえます。

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/tv_congiro/status/1125225721452847104?ref_src=twsrc%5Etfw

 

 

 

Tradeviewの口座開設はこちらから

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

Tradeview 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント