Tradeview(トレードビュー)の口座開設方法【画像付きで紹介】

Tradeview

本投稿はTradeview(トレードビュー)の口座開設方法を解説します。

 

Tradeviewの口座開設には身分証のアップロードが必要です。

また、お勤めの人は勤務先に関する記入も行う必要もあります。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、事前にアップロードする書類を用意していれば10分程度で登録を完了できます。

 

Tradeviewの公式ページはこちら

 

FXで簡単に勝てる方法はないの?

 

トレードするだけでお金が増える!?
  • 例)XMの場合:勝っても負けても1ロット当たり8.5ドル(約850円)獲得!
  • ご存知でない方はこちら

 

XMでのスキャルピングがオススメな理由♪
  • XMでのスキャルピングはオススメです♪でもXMってスプレッドが広いのでは・・・。
  • ⇒ 取引コスト安くする方法あります!詳細はこちら
  • XMで両建てをうまく活用する方法、知ってると得かも★ 詳細はこちら

 

Tradeview(トレードビュー)の口座開設前に【必要書類の用意】

 

Tradeviewの口座開設の登録時点で「身分証明書」と「現住所確認書類」をアップロードする必要があります。

 

口座開設フォームへの記入を開始する前に書類を準備しておくとスムーズに登録できます。

必要書類は以下の通りです。

 

身分証明書

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 公的身分証明書
  • マイナンバーカード

現住所確認書類(発行から3ヶ月以内の書類)

  • 公共料金等の請求書(電気、ガス、水道料金の請求書など)
  • 住民票
  • 銀行取引明細
  • 健康保険証

 

  • 必要書類はスマホのカメラで撮影するかコンビニなどでスキャンしたものをアップロードします。
  • 現住所確認書類は、「氏名」と「現住所」が確認できるように撮影またはスキャンします。
  • 携帯電話料金およびインターネット料金の請求書は現住所確認書類として利用できません。
  • マイナンバーカードは表面のみのアップロードでOKです。

 

Tradeview(トレードビュー)の口座開設手順

以下の「口座を開設する」ボタンをクリックします。

 

Tradeviewの口座を開設する

取引プラットフォームと口座の通貨の選択

Tradeviewの口座開設手順1

取引プラットフォームと口座の通貨を選択します。

 

ILC口座を開設するならば「MT4 Innovative Liquidity Connector」、「MT45Innovative Liquidity Connector」、「Tradeview cTraderWeb」、「Tradeview Currenex」から選択します。

 

○取引プラットフォーム

  • MT4
  • MT5
  • cTrader
  • バイキング(CURRENEX)
  • API FIX
  • 株式(Sterling Trader)
  • Rhinoトレーダー

から選択できます。

 

○口座の通貨

  • アメリカドル
  • ユーロ
  • ポンド
  • オージードル
  • スイスフラン
  • カナダドル
  • メキシコペソ
  • 南アフリカランド

から選択します。

 

○cTraderとCURRENEXは、ILC口座でのみ選択できます。

 

取引プラットフォームについて

Tradeviewの口座タイプは以下の表のとおりです。

 

口座タイプX leverage口座ILC口座
プラットフォームMT4/MT5MT4/MT5cTraderCURRENEX
取引方式NDD(STP方式)NDD(ECN方式)
レバレッジ500200400400
最小ロット0.01ロット0.1ロット
最大ロット75ロット
最低入金額100ドル1000ドル
トレード可能商品通貨ペア、CFD、株式指数、金属、仮想通貨通貨ペア、金属、仮想通貨
手数料5ドル/往復ロット
追証なし
ロスカット水準100%
両建てOK
EAの利用OK
スキャルピングOK

 

○API FIXについて

トレーダーがプラットフォームを介さずに直接リクィディプロバイダー(カバー先金融機関)と電子証券取引できるシステムのことです。速い約定が実現でき、EAなどの自動売買での超高速・高頻度のトレードやアービトラージに利用されます。

 

自己でリクィディプロバイダーにアクセスするシステムを構築する必要があるためプログラミングの知識、開発環境が必要であり、機関投資家向けです。

 

TradeviewはAPI FIXによってリクィディプロバイダーに直接アクセスできることと共に、MT4にてポジションをモニターすることができるシステムを提供しています。

 

○株式(Sterling Trader)、Rhinoトレーダーについて

Tradeviewは

  • Tradeview Forex
  • Tradeview Stocks
  • Trade Gate Hub
  • Tradeview Prime

の4種類のサービスを提供しています。

 

株式(Sterling Trader)、Rhinoトレーダーは、「Tradeview Forex」から口座を開設し株式銘柄をトレードする際に使用するプラットフォームです。

氏名、住所等の入力

Tradeviewの口座開設手順2

氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスを記入します。

 

  • 氏名(例):姓Yamada 名Taro
  • ミドルネーム:無い場合は記載不要
  • 出生地・生年月日:自身の情報を選択
  • パスポート番号、有効期限:パスポートが無い場合は記入不要
  • 国籍:自身の国籍を選択
  • 住所:現住所を英語で入力します(以下の画像を参照)
  • 電話番号:国際電話番号を入力。例)090・・・→+8190・・・、最初の0は入力しません。

 

Tradeviewの口座開設手順3

「住所」は英語で記入する必要があります。

英語住所の記入に不慣れな方は、JuDressにアクセスして日本語住所を英語住所に変換してみてください。

米国市民権に関する情報の入力

Tradeviewの口座開設手順4

アメリカ合衆国の市民権・永住権を保有しているか否かを選択します。

職業に関する質問の選択、入力

Tradeviewの口座開設手順5

職業、年間所得について該当するものを選択します。

会社員、自営業を選択すると勤務先等の情報を入力する必要があります。

住所は英語で記入する必要があります。JuDressを利用して入力してみてください。

資産、収入、投資額に関する情報の選択

Tradeviewの口座開設手順6

年収、総資産、投資額、収入源、破産経験の有無について該当するものを選択します。

米国市民権・永住権に関する質問の箇所にはチェックを入れます。

投資の経験に関する質問

Tradeviewの口座開設手順7

投資の経験について、該当するものを選択します。

 

例)経験がFX・4年の場合:「為替・CFD・貴金属」の質問から、経験「2年から5年」を選択し、取引量および取引頻度で該当するものを選択します。

 

Tradeviewの口座開設手順8

投資予定額、口座開設の目的、誰が取引するかを選択します。

必要書類のアップロード

Tradeviewの口座開設手順9

身分証明書と現住所確認書類のアップロードを行います。

身分証明書としてパスポートが推奨されていますが、なければ運転免許証でも構いません。

署名する

Tradeviewの口座開設手順10

マウスや指(スマホ)で自分の名前をアルファベットで署名します。

「署名の完了」をクリックし、「送信する」ボタンをクリックします。

 

登録したメールアドレス宛に口座開設完了のメールが届きます。

 

開設した取引プラットフォームにログインするためのIDとパスワードがメールに記載されていますので、記載されているIDとパスワードでログインします。

 

取引プラットフォームのダウンロードはこちら

 

以上で口座開設は終了です。

 

Tradeviewの公式ページはこちら

 

プロフィール
ダメ猫

FX歴2016年6月~。 TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。スイングトレードに関する内容が主。日足、週足チャートがベースです。

ダメ猫をフォローする

 

↓海外FX会社の評判まとめ オススメのFX会社

 

 

↓海外FX会社の口座タイプのまとめ

 

 

↓ボーナスキャンペーン実施の海外FX会社のまとめ

 

 

↓海外FX会社の金融ライセンスの取得状況のまとめ

Tradeview 海外FX会社 記事一覧
シェアする
ダメ猫をフォローする
ダメ猫FX – おすすめFX会社と海外FX –

コメント